@haemorikikakuさんのツイート
  • STORY
  • INFOMATION
  • BLOG
  • ARCHIVES
  • COMPANY
  • KNOWLEDGE
  • CONTACT

剣を極めるために絵を描く

現在、WEBやアプリ事業は仲間に任せ、僕自身は

企業さまに、営業などで使う必殺トーク(営業マニュアル)を開発する、ということをしています。

大企業さまなどですと、会社理念や既存の教育コンテンツとの兼ね合いもあり、共存には調整を要しますが、

トーク自体はほとんどそのまま採用頂いており、とても有り難い限りです。

 

様々な企業さまの状況に併せて、トーク開発を行う際に必要なことが、そのトークの源泉となるマインドセットです。

トークそのものはもちろんですが、この「WHY」がなければ、変質・応用不可などのリスクがあるため、ここを理解して頂くことに最大の注意を払います。

 

 

 

個人的に参考にしているのが、宮本武蔵の「五輪書」です。

五輪書には、目次を企業教育にそのまま使えるくらい、項目が整理されています。

 

一例を見てみましょう。

「地之巻 後書」にて、兵法を学ぶ前提としての原則を述べています。

第一に、よこしまになき事をおもふ所。  
第二に、道の鍛錬する所。
第三に、諸藝にさハる所。
第四に、諸職の道を知事。
第五に、物毎の損徳をわきまゆる事。
第六に、諸事目利をしおぼゆる事。
第七に、目にみヘぬ所をさとつて知事。
第八に、わずかなる事にも気を付る事。
第九に、役に立ぬ事をせざる事。

 

1→倫理的たれ

2→知行合一たれ

3→リベラルアーツを身につけよ

4→ジェネラリストたれ

5→ロジカルシンキング

6→直観を養え

7→多面的に物事を見よ

8→洞察力・分析力

9→本質思考・主義たれ

 

と勝手な解釈ではありますが、キレイにビジネスに置き換えることができます。

 

現在、歴史や宗教の本を読み漁っている僕は、宮本武蔵の多芸さ、

つまり3の項目が気になります。

 

宮本武蔵は、剣豪として有名ですが、

絵画・書道・作庭・茶道・彫刻・碁・将棋・詩歌など、

実に多芸で芸術家としての顔を併せ持っていたようです。

 

 

なぜなぜと考えてみると、

ビジネスパーソンに歴史・宗教・哲学・芸術・科学などのリベラルアーツが必要なのと同じく、

宮本武蔵も剣の道(兵法)を極めるために必要な教養として、これらに取り組んだのではないかと思います。

彼(兵法者)にとってのリベラルアーツだった、というわけです。

 

商売で考えると、「心を解き放つ」ために世界の有り様を学ぶ、ということの大事さを感じています。

 

 

宮本武蔵に限らず、松下幸之助さんの本などには、明鏡止水のメンタルがあります。

「いかに彼らといえども、激動の末の境地である」

ため、僕のような者がそのままインストールすることにはいささか恐れ多い部分があります。

 

むしろ、宮本武蔵が吉岡一門を斬った時のような(史実の真贋はともかく)

「そこまでの明鏡止水に至った、烈火のごときプロセス」

をイメージすることが大切と感じます。

 

 

知行合一。

 

「知」と「行」のバランスが崩れそうな時こそ、この言葉を反芻したいと思うのです。