@haemorikikakuさんのツイート
  • STORY
  • INFOMATION
  • BLOG
  • ARCHIVES
  • COMPANY
  • KNOWLEDGE
  • CONTACT

過不足のない勝ち

クライアントさまの弁護士法人の代表とMTGした時に、こんな話をうかがうことができた。

 

何十年も法律の世界で生き、たくさんのクライアントの人生を見て言えることは、
争いごとというのは10-0というのは常にありえないということだ。
そして、それでも争って、その時は力で勝訴したとしても、
いつか別のところで不幸なことが起こり、ならせばチャラになるものだ。
面白いもので、人生うまくできているのだ。

 

というような内容だった。

 

常に過不足のない勝ちを心がけることが肝要だと感じる。

運、の節約、という意味ももちろんあるが、例えば圧倒的な勝ちを以って、

相手を完膚なきまでに打ち負かしたとしても、

戦場にくすぶる火種は0とは言い切れない。

この火種を常に頭の片隅に意識しなければならないのは大変な労力、リスクとなる。

 

 

つまり、火種の無い状態、こそが勝ちなのだ。

 

 

そのようにゴールを設定すると、自然と相手を打ち負かすのではなく、
制するために必要なことが見えてくる。

相手のダメージは最小限に抑えるという意味での、過不足のない勝ちが必要なのだ。