@haemorikikakuさんのツイート
  • STORY
  • INFOMATION
  • BLOG
  • ARCHIVES
  • COMPANY
  • KNOWLEDGE
  • CONTACT

ブランディングについて

こんにちは。

南風盛です。

 

さて、いきなりですが、ここで1つ問題です。

上記写真は、弊社の「ブランディング」になりえるでしょうか?

 

 

答えはNOです。

 

 

何故か?

 

 

ブランディングとは、

 

【あくまで企業からユーザーへの、アウトプットのクオリティに宿るもの】

 

だからです。

 

だから、弊社では、インプットのみの行動を従業員に認めていません。

とりあえず勉強させてくれ、という場合、大半が走ること(お客様に価値を提供すること)を拒否した逃げの姿勢だからです。

 

 

 

では、弊社の考えるインプットの意義とはなんでしょうか? 

 

 

 

 

たった1つ。

 

【インプットを否定する(あるいは否定する資格を得る)ため】

 

です。

 

 

それはすなわち、本当に大切なことを身をもってクライアント様に伝えられる

 

 

ことをも意味します。

そのためであれば、インプットも有意義になるのかな、と感じています。

 

 

 東大生を否定できるのは、東大生だけ。

 

 

ということです。(あ、これコピーにしてもいいな・・・・)

 

 

 

 

 

余談ですが、そういう意味では、僕は全てを否定するために仕事をしているのかも知れません。

 

 

 

 

 

 

さて、クライアント様のブランディングをディレクションする時にも、

「ユーザーにどんなアウトプットができるのか」

 

ということから始まります。

 

よく陥りがちなのが、

「ユーザー目線での使いやすい(ユーザビリティの高い)HPを作りましょうね」

いわゆる、

UI. user interface

というベクトルに走ってしまうこと。

 

これ自体は間違いではありません。

 

 

 

 

でも、弊社のゴールは

 

【ブランディング→企業の役割を明確にするユーザーへの最高のアウトプットツールを創ること】

 

ですから、上記だけでは達成できるケースは少なく、これでは目的は達せられない事になります。

 

先日のブログで、

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

・マーケティング

・クリエイティブ

・情報設計(よく言われているinformation architectureとはちょっと違う解釈ですが)

 の3つの必須要素をロジックで一直線に繋ぐということ。やることはシンプルなのです。

 

制作時は仮説の精度、PDCAを回す時は運用データにロジックを付与する事になります。

この時にロジック付けに限界があればコンテンツ開発を。

更に限界があれば、プライシング・サービス開発に首を突っ込まさせて頂くこともあります。

 

 /////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

と記載しましたが、上記は、必須要素を全くクリアできません。

 

ん?クリエーティブと情報設計はあるんじゃないの?

 

ありません。

 

 

 

どちらもユーザーの問題を解決するためのものであり、

 

ユーザーの潜在的な期待と本質を捉えない限り、

 

【ユーザーの見やすい、わかりやすいページを作りましょう】

 

と、これまた全く根拠のない悲惨な提案に終始することになります。

俯瞰した上でのロジカルな最善策としてのUIなのか、俯瞰できないが故のUI着地なのか。

 

コンサル会社の質が問われる部分だと思います。

 

 

 

 

 

 

最近では、ある教育業界のクライアント様。

 

 

 

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

うち「・・・・・というわけで、競合の◯◯予備校さんの、ついて行けない子が多ければ、クラスを下げて、問題のレベルを下げて、小さな成功体験から丁寧に積み重ねていく。べつにこれ、耳障りもいいし、悪いことじゃないと思うんですけど、ナゼ制度的に破綻するんでしょうね?」

 

 

クラ「うーん、やはり塾が合わないんでしょうね。」

 

 

うち「ん?ちょっと、待って下さい。先生と合わない、というのは人格としての相性やコミュニケーションの問題となんとなくイメージが分かりますが、塾と合わない、というのはなにか引っかかります。『合わない』についての明確な定義を頂けますか?」 

 

 

クラ「うーん、なんていえばいいのかな・・」

 

 

うち「僕の感覚ですが、ここをしっかりロジック化することが1つ御社の爆発の鍵になるように思います。一緒に考えましょうか。そもそも「合わない」というセリフは親発信じゃないですか?僕のイメージですと、親が自分の子供の不出来に蓋をしたい感情、自尊心の現れというような側面も無きにしもあらずなのかな、と思うのですが、、」

 

 

クラ「・・・ああーはい。そう言われてみるとそうですね。ぶっちゃけそうです。」

 

 

うち「親も「合わない」なんて曖昧な言葉で済ませている。てことは、子供の成績が上がらなかったことをロジック化できてませんし、その説明も受けていないか、受けても理解できなかった。そしたら、例えば今パッと浮かんだのだと〇〇という方向性のコピーならその辺りのネックは解消できますね。かなりロジカルなライティングで訴求していかないとユーザーすっきりしませんね。あと、『合わない』の別の要因として塾側の問題点としてはどうですか?」

 

クラ「ああーそれいいですねえ。・・・・そうですね、塾側としては、、」

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

弊社のディレクションはこんな全ての曖昧さを排除する所から始まります。

 

頭のなかでは、四角い木が少しずつ削りだされていき、

人の形になっていく感じですね。

 

 木彫人形が出来上がれば、しめたものです。

 

 

 

人気掃除機の「ルンバ」が抱えていたネックは何だったでしょうか。

それは、

 

【主婦の勤めをロボットにやらせるという罪悪感・主婦の自尊心】

 

 でした。

 

 

 

上記クライアント様のディレクションを終えて、

UI、は当たり前として

コピー、その他クリエーティブの方向性、他社と差別化するに十分なロジックの絵を共有することが出来ました。

 

ディレクターの仕事は、内側と外側、クライアント規模の大小によって異なりますが、

 

クライアントのビジネスを再定義する(リバリュー)する

 

ことかなと思っています。

 

それができれば、デザインや構築用件など、必然的に最適解が生まれてくるからです。

 

 

そして、うちでは、再定義だけで足りなければ、商品開発やサービス開発までの提案を行います。

 

 

全てをひっくるめて、

 

 

人里離れた山間の寒村→日本で唯一の、至福の老後を過ごせる場所

 

 

とできるかは僕達の仕事かなと思っています。