@haemorikikakuさんのツイート
  • STORY
  • INFOMATION
  • BLOG
  • ARCHIVES
  • COMPANY
  • KNOWLEDGE
  • CONTACT

設定と代償

どこの国でも、海外に行くと、真っ先に頭に浮かぶテーマが「幸福度」。

どこの世界遺産にいくよりも、その国の人々の顔を見るのが一番の楽しみです。

「ああ、この国の人たちは幸せに暮らしているんだろうな」

「ああ、人に優しさを分ける余裕がある顔だな」

人の顔つきに、幸福度が見え隠れします。

 

しかし、日本に帰ってスターバックスのテラス席に座り、オフィス街の往来を眺めていると、どの顔も一様に疲れ切っているように見えます。

これには、毎度衝撃を受けます。

なぜなのでしょうか?ちょっと考えます。
 
まず、思考の準備として、下記のように思考します。
 

①疲れ切った顔をしている→一旦彼らは慢性的に「幸福でない」という状況であると仮定する

②「幸福」の定義はおそらく人それぞれであるので、幸福の正体は事実上「幸福度」のことであり、「幸福でない」というのは「幸福度が低い」ということを示すとする

③幸福度はどのように決定されるか?言うまでもなく、「人それぞれの『幸福』の設定÷実際」の%である

④設定次第では%を上げることができるわけで、つまり「幸福度が低い=幸福度のマネジメント力が低い」ということに他ならない

⑤幸福度のマネジメント力が上がれば、幸福度を一定以上に保つことができる

⑥それでは「幸福度のマネジメント力」はどのように構成されるか?を論点とする

 

はい。思考の準備が整いました。

 

では、「幸福になるために、幸福度のマネジメント力を上げよう!」というHOWの設定ができたところで、幸福度のマネジメント力について、掘り下げて考えてみます。
 

例えば。
 

「もっとあれば幸せになれる」。
 
何がですか?お金?名声?立場?
 
あなたはそれを手に入れることができます。
 
どうすれば?かんたんですね。
 
「あなたは上場企業の社長になる」
 
はい。これでたぶんなれます。
 
しかし待って下さい。もちろんタダではなれません。それになるために必要な代償があります。
 
どうすればなれるか?考えてみましょう。
 

・ベンチャー企業に就職してみる?どこに?何職で?何年?結果だせる?

・いきなり起業してみる?なにで?誰と?

・まず誰かの鞄持ちや運転手でもしてみる?鞄持ちになるためにどうすればいい?

・仕事が終わってから、寝ずに本を呼んでマインドをインストールしてみる?

・起業家の交流会に顔を出してみる?

・まぁいいや、ともかく結果、何年かかりそう?

 

「不可能」ということの本質は、「それになるのが不可能」なのではなく、「なるための代償を払うのが不可能」ということなのだと考えます。
「結果、おなじことじゃん」と考えてしまいがちですが、たぶん大違いです。
 
問題解決のフレームワークにも使えますね。
 
「まずは非現実的でも構いませんので、できる状態を考えます、しかしその状態になるための代償は払えないというところから、すこしずつ払う代償を現実的なものにしていきながら、かつ問題が解決されている状況、というポイントを探る。」という作業です。
 
余談になってしまいましたが、例を挙げます。
 
×だめな思考パターン

「孫悟空に勝ちたい」

「無理です」

 

◎おなじ無理でも、良い思考パターン。

「孫悟空に勝ちたい」

「勝てます。スーパーサイヤ人になれれば」→無理

「嘘です。勝てます。100年修行に集中させてくれれば」

「100年間寿命があるという保証は?」→ありません

「じゃあ、やめよう」

 

一見くだらない話のように見えますが、「できます。この代償を払えば」の思考テンプレートはとても大事です。
「できません」はないものとしてしまって良いのです。

 

話を戻しますが、先に述べたように

「これならできる。この代償を払えば」

ここで検討します。

「確かにこうはなりたい。しかしこの代償を払うことができるのだろうか??」

 

真剣に検討すると、

①「どうしてもこうなりたい。この代償を払ってでも。払う。」

②「いや、この代償は払えない。だから私はこれでいい」

このようないずれかの納得感が生まれます。正負はまったく関係ありません、納得感だけが大事です。(折衷案はここでは省きます)

 

このように自覚している、納得感のある状態が、「幸福度100%」の状態であると考えます(「設定÷実際」)

 

はい。では、ここからだめな状態を考えてみます。

 

パターン①

「代償は払えない(と、自覚してない)のに、今のままじゃやだ」

単なるわがままですね。そして誰も助けてはくれません。
「痩せたいのにジムが続かない」などはこのパターンです。

みんな「1億円あれば」あればと思うことはできますし、ほしいと思っているでしょう。
でも代償を払えない、払う気がない、あるいは必要な代償の定義もしていないので、現状のままなのです。
それはつまり1億円ほしいと実は思ってないということなのです。

 

パターン②

「代償は払っている!(つもり)今のままじゃやだ」

これは努力の仕方、頑張り方を間違っているというパターンです。
クリティカル・シンキングが足りないとも言えるため、一人での解決が難しいかもしれません。
このケースは意外と多い気がします。
私が、「働き方改革ってよりか『がんばり方改革』ってしたほうが良い」とずっと思っているのもこのためです。

 

走り書きなのでヌケモレは後でこっそり追記しておくとして、先に進みましょう。

 

「この状態を作るために、これくらいの代償を払う必要がある」→無理だと思う・・
「では、これくらいの代償は?それだとこれくらいの状態が作れます」→OKOK!

 

これで幸福度の出来上がりです。

 

言うまでもなく、「これになるために、この代償」の見立てを間違えてしまうと、元も子もなく
幸福度は絶対に得られないのでしょう。

 

まとめると

①代償を本来払えないようなor求めていないような、分不相応な「設定」(WHYマチガイ)
②「設定→代償」の設計ミス(HOWマチガイ)
③「頑張り方」のミス(WHATマチガイ)

 

により、幸福度が低下するという仮説です。(結局why-how-what)
→つまり、「幸福度のマネジメント力」はこの3つを精度よく行う力、行える状況を作れる力である、と導きます。

 

これらには高度な「メタ認知」が必要になりますが、「メタ認知」を備えた人間は意外と多くありません。

そこでおすすめなのが、「行動から心の声を聴く」ということです。

 

①起業するする言ってしない、いつまでも「準備」とか言ってる
→実は起業したいと思ってない、できない

②のし上がりたいです!と言ってるけど休日ガッツリ休んでいる
→実はワークライフバランス派だった

③痩せたい痩せたいと言ってジム続かない
→結局痩せたいと思ってない

④投票率低い低い言って改善しない
→実は投票率上げたいと思ってない

 

自他ともに、自然ととってしまう行動から聴ける心の声だけに耳を傾ける。

「ああ、私って〇〇したいって本当は思ってないんだ」
「ああ、私って本当は〇〇はそんなに大事じゃないんだ」

そんな自分を発見することで、無駄を排除することができます。

 

口ではなんとでも言えます。

 

つまり、「起業した人」だけが「起業したい人」というわけです。

 
 
 
考えを進めます。
 
 
 

日本人の「幸福度のマネジメント力」はなぜ低いのか?
 
 

(多分つづく)